医療脱毛は医療機関で行われる脱毛のこと

医療脱毛は医療機関で行われる脱毛のことメンズ脱毛を考えている人は費用やアクセスやかかる時間のことなど色々迷う要素があると思います。脱毛の方法にはいろいろな種類があって、それに応じてそれらの要素も影響を受けます。

ですからどんな脱毛方法があるのかをよく知っておくのは大切です。大きく分けて脱毛方法には3つの方法があります。脱毛サロンでよく行われる光脱毛とニードル脱毛、そして医療機関で行われるレーザー脱毛です。

最初の2つについては別の記事で紹介しているので、ここではレーザー脱毛についてご紹介します。レーザー脱毛は光脱毛と仕組みは似ていますが、光の波長や指向性などが違います。

簡単に言えば光脱毛よりも機器から照射される熱ダメージが強力です。出力が強いので基本医療機関でしか取扱いができません。それで医療脱毛とも呼ばれています。脱毛サロンでは行えない施術です。

医療脱毛のメリット

医療脱毛を選択するメリットはいろいろです。まずレーザー脱毛は光脱毛よりも強力なので、その分効果が出るスピードが早いですし、通う回数も少なめになります。2倍以上早く終わる事もあります。

ですから、早く終わらせたい人にはレーザー脱毛がオススメです。また医療機関ですので、万が一の場合にも医師や看護師からの適切なサポートが期待できます。医療従事者が横にいるだけでやはり安心感があります。

さらにレーザー脱毛をすると効果が長く続きます。全ての毛が全く生えてこなくなるわけではありませんが、長期間に渡って再生しない半永久的な脱毛が可能となります。

医療脱毛のデメリット

今度は医療脱毛のデメリットです。出力が高い機器を使えば効果は高いですが、その分痛みも強くなります。個人差はありますが、中には涙を流すほど痛いという人もいます。

部位によっても差はありますが、それなりの覚悟をしておく必要があります。医療機関なので麻酔を使うこともできますが、別途費用がかかるのが一般的です。また麻酔の効果をあまり感じられなかったという人もいます。

心配であれば事前にテストショットを受けるなどしてからが良いでしょう。またレーザー脱毛は光脱毛よりも費用が高くつくこともしばしばです。ですからよく費用を計算する必要があります。

まとめ

医療レーザー脱毛は医療機関でのみ受けられる脱毛です。メリット・デメリット両方をよく理解したうえで、光脱毛やニードル脱毛と比べて選択する必要があります。

費用を重視するのか、痛みが気になるか、効果や通う回数が気になるかなどによって選択は変わってきます。