家庭での自己処理が人気になっている

家庭での自己処理が人気になっている突然ですが、ムダ毛の処理っていつもどうしていますか?多くの人はヒゲなどを除けばおそらく放置していると思います。女性であればシェーバーなどで定期的に処理するのが普通ですが、男性の場合はイマイチ毛に関しては気にしない人が多いようです。

まだまだ女性ほど毛の処理は一般的ではありません。でも最近は美意識が高めの男性が増えてきていて、ちゃんとムダ毛を処理している人がたくさんいます

ムダ毛がすっきりしていると、見た目の印象が爽やかになったり、ムレの軽減になったりとメリットが色々です。どんな方法で自己処理できるか、そのメリットやデメリットと合わせてご紹介します。

カミソリで自己処理するメリット・デメリット

まず代表的な自己処理方法の一つがカミソリ(T字含む)を使った方法です。カミソリはどこの家庭にもありますし、自分でささっと簡単にムダ毛を剃れるので楽です。ただこの方法にはデメリットがあります。

実は見えていないようでカミソリの刃で肌は細かく傷ついています。毛がよく生える人手あれば特に、何度もカミソリを行き来させることで肌への負担が大きくなってしまいます。

もし傷ついた所に細菌などが侵入すれば毛嚢炎というニキビに似た炎症も起きる可能性があります。また皮膚を傷つけることでバリア機能が失われ、肌の保湿が不十分になってガサガサ肌になることもあります。

要はヒゲ剃り後のカミソリ負けのような状態になるリスクがあるのです。ですからカミソリは頻繁に使わない方が良いです。またもし使うのであれば、4枚刃5枚刃など複数の刃を持つカミソリの方が、肌への負担が軽減されるのでオススメです。

除毛クリームで自己処理するメリット・デメリット

除毛クリームを使って処理する方法もあります。除毛クリームとは、肌に塗って一定時間放置することで毛を溶かして除去するくれるクリームです。除毛クリームには普通アルカリ性の物質が含まれています。

毛はたんぱく質でできています。ですからクリームの成分によって毛が溶けるわけです。この方法だと5分から10分ほどで毛が処理できます。

気軽ですし、仕上がりもきれいです。ただ肌にある程度のダメージがあるので、肌が弱い人は特に注意が必要です。

まとめ

自己処理は簡単にできる点や時間を取らないという点でメリットがあります。ただやはりデメリットもあり、敏感肌の人には合わないこともあります。そういう場合自己処理を頻繁に繰り返すのはオススメできません。

むしろ脱毛の方がベターです。サロンやクリニックでプロの機械を使ってやれば肌ダメージも抑えられますし、仕上がりもきれいです。

しかも自己処理のように何度も繰り返す必要はありません。無料でカウンセリングを受けられる店もあるので、毛の悩みがある人は一度利用してみてはいかがでしょうか?